栄養素成分表示を眺めるだけのダイエット

こんにちは!
食事減らしたりしているのになかなか体重が減らない……と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
そこで、ここに気を付けるだけで効果が出やすくなる方法をご紹介したいと思います。

それは商品のパッケージに書かれている栄養成分表示を見て、たんぱく質>脂質(脂質がたんぱく質が多い)な食品を選んでいくことです。

快糖茶の売り場や効果を徹底調査!購入して3ヶ月使用したアラフォー女子の口コミ暴露!

たんぱく質や糖質は1グラム当たり4キロカロリーなのに対して脂質は1グラム当たり9キロカロリーと、同じ重さで2倍以上のカロリーの差があります。
そのため、同じ分量を食べるのであるならば、脂質の少ないものを食べる方がカロリーが少なくなります。言い換えると、同じカロリーでも脂質が少ない方が多く食べられるということです。

そのためのわかりやすい指標としてたんぱく質>脂質をおすすめします。
たんぱく質を取るのがダイエットには大事という話を聞いたことがある人もいるとは思います。ただ、何も考えずにたんぱく質が多いものを選ぼうとすると、実はそれ以上の脂質が沢山入っていることがあり、余分にカロリーを取りがちになったりします。
そこで、たんぱく質>脂質である品を意識的に選ぶことで、オーバーカロリーになりにくくすることができます。
パッケージを一目眺めるだけなので、手間はかかりません。

もちろんそのような品だけ選ぼうとすると味気ないストイックなだけの献立になってしまいますので、このルールを全てに適用するのは無理があります。
ただ、間食が食べたいときや本気で体形を変えたいときなどにふと思い出していただければ、少しずつでも変化が現れることを実感できるでしょう。