パサパサなダメージヘア

まっすぐなロングヘアーを目指して、担当美容師さんと一緒に髪を育てて1年。ある程度理想に近づき、後は伸ばすだけだったのに、冬がやってきた。http://www.salachiangmai.com/

長さは胸にかかるくらい。ボリュームのあるタートルネックを着ると、首まわりがもこもこし過ぎる。アップスタイルもまっすぐ過ぎて巻いてからでないと、決まらない。そこで、パーマをあてることにした。けれど、髪のダメージを考えて、毛先のみのワンカール。顔まわりは強めにあてて、動きをだした。

が、2週間で落ちてしまった。厳密には、とれてはいない。お風呂上りに乾かした時にはパーマが出る。けれど、夜寝ている間にすっかりとれてしまう。その原因の一つが

乾燥だ。朝起きると髪の毛は、パサパサで、ひどい時はブラシがからまる。

そこで、翌朝の髪の毛がまとまる方法を調べると、ナイトキャップや髪の毛をゆるくまとめて寝るのがいいいらしい。わたしはパーマ感も出したかったので、ゆるく三つ編みをして寝ることした。翌日、三つ編みをほどくと、きれいにウェーブがかかっている。しかも、パサつきが少ない。これはいい。しかし、日中だんだん乾燥してきて、結局パサパサになる。髪自体が修復されているわけではないので、当然だけれど。

だが、このパーマもどきのおかげで、スタイリングが決まり、乾燥がマシになるので、再びストレートにするまでは続けようと思う。