ストレスで肌あれ!?理由とケア方法

肌あれを引き起こす原因の1つがストレスです。イライラはもちろん、気温の変化や有害物質もストレスの原因となります。http://www.tirreno-resort.com/

ストレスを受けると肌に悪い影響を及ぼすのは、交感神経が優位に切り替わるためです。交感神経は、緊張状態にある時に優位になります。交感神経が優位な状態が続くと、ターンオーバーが不調になります。また、男性ホルモンの分泌が増えます。男性ホルモンの分泌が増えると、皮脂量が増えて肌がベタつきやすくなります。

ストレスが与えられているときは、水分と油分がバランス良く配合されている化粧品を使うことが大切です。肌がベタつくからと乳液やクリームを使わずにいると、肌のバリア機能が低下してしまいます。

肌がベタついてニキビができている時は、「ノンコメドジェニックステスト済み」と表記された化粧品を使うと良いでしょう。ノンコメドジェニックステスト済みと表記されたものは、ニキビのもとになりにくい処方の製品です。

肌がベタついている時はどうしても洗顔しすぎてしまいますが、洗い過ぎは肌のバリア機能を損ないます。石けんや洗顔フォームをネットでよく泡だて、泡で優しく撫でるように洗うようにしましょう。洗顔後には必ず化粧水とクリームでケアしましょう。