バストサイズが大きいことによる無限の悩み

私は、小学校高学年の頃からずっと、人よりもバストサイズが大きい方だ。どのようなサイズの人でもそれぞれに悩みがあると思うが、私もまた、バストサイズが大きいということで、それなりに悩んできた。

モテアンジュ

小学生の頃は、体育の授業等で走ると揺れるのが、とても嫌だった。その上、私がある時他人からの言葉に対して「ほえ?」と言ってしまった為に、「ほえぼん」(「ぼん」は「ボン・キュッ・ボン」の「ボン」で、要するに胸が大きい、の意味)という渾名を付けられ、そう呼んでからかわれた。

年齢が上がるにつれて、そのような低レベルなからかいは無くなったが、自分の胸がだんだんと大きくなり、すぐにブラジャーが合わなくなるので、その度に買ってもらわなければならないのが嫌だった。自分で勝手に買うのならまだしも、学生なのでいちいち親に言わなければならず、恥ずかしかった。

大人になってからは、すぐに合わなくなる、ということは無くなったので、あまり買い替えなくてよくなったのはよかったが、新調しようと思っても、いいと思った柄は取り扱いサイズが小さかったり、取り扱ってはいるものの価格が高くなったり、同じサイズでも着てみると小さかったりで、いいと思うものを探すのに苦労する。カップ付きキャミソール程度で済む人は、それだけ出費が安く済んでいるのだろうと思うと、少し悲しくもなる。

また、男性からエロいと思われたりするのも、そもそも「女性」という括りではなく一個人として見られたいという思いに反するので、歯痒く思う。「似合う洋服が少ない」という話は散々されていると思うが、実際にどんな服を着てもあまり似合わないので、諦めている。