通勤臭いケア

通勤で20分ほど歩くと荷物が重いことや、日傘をさしたり腕が焼けないように手ぼそをするため真夏の猛暑の日は背中や脇が下着と触れている部分が汗だくになります。今の時期はマスクでさらに暑く汗をかいてしまうことは仕方ないと思います。

プルーストクリームの最安値通販は?3ヶ月試してみた私の口コミと効果をここだけで紹介…!

出来るだけ汗をかかないように電車に乗るのもいいと思いますが、かいてしまうことを想定してハンカチ、ティッシュ、制汗剤、香水やミストを持ち歩くようにしています。

汗をかいた後、人に会う前や出勤する前は1度トイレに行きティッシュやハンカチで汗をふきます。その後に服をパタパタさせて風通りを良くし身体の熱を冷ましたり汗を乾かします。そして制汗剤で身体を冷やします。

洋服に直接つくとシミになって汗染みのように見えてしまうので注意です。そして最後に香水など良い匂いのもので汗の臭いを消します。

汗の臭いは甘い香水などの香りと混ざると余計に臭くなるので出来るだけ爽やかなものなど香り選びはとても重要になると思います。後は汗をかきにくくする、目立たなくするために少しゆとりのある洋服を着て風通りをよくする、シフォン素材おススメです。グレーや水色など汗の目立ちやすい色は着ないで白をできるだけ選ぶのも汗対策の1つだと思います。